読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引っ越し

 経済的事情で引っ越ししました。家賃が半額以下になりました。2年間住むとして引っ越さなかった場合と比べると、今回の引っ越しに掛かった諸経費を差し引いても学費一年分は安くなります。ずっと親の脛をかじって生活しているので、それなりに値が張る部屋に住んでいることに心苦しさを感じていたのですが、これで少し気が楽になりました。

 親に対してこのように心苦しさを感じることは、引きこもりやニートの人にとっては割と一般的なことのようです。このあいだ読んだ『希望のつくり方』という本に、「引きこもりの人は親に対する申し訳ない気持ちに一番苦しむ」というようなことが書いてありました。一応私は引きこもりでもニートでもありませんが、多少似たようなものではあります。そう考えると、心苦しさから引っ越しをするまでに至ったことは決して神経質なことではなかったのだと、神経質な私はこの本を読んでホッとしました。

 私はこれまでの人生で引っ越しというものを割と多く経験していますが、そのいずれもが作業のほとんどを親に頼ったものでした。しかし、今回は自分から引っ越しすると決めた以上、極力自分一人でやろうと思っていたし、実際そうしました。ネットで物件を調べ、不動産屋さんに行き、物件を見て回り決め、契約書を書き、必要書類を提出し、旧居の解約手続きをし、保険関係の手続きもし、引っ越し業者を探し、荷造りし、不用品を売り、引っ越し業者を手伝い、荷解きをし。明日は旧居の退去の立ち合いです。それとガス水道電気の手続きが遅れてしまい、まだやっていないので、それもする必要があります。それをしたらついに完了。契約してから入居する日までに間があったこともあって、一連の作業に3か月近くかかりましたが、やっと落ち着きます。プハーービール飲みてえ

 今回の引っ越しで、私の部屋内の物(テーブルや本棚、大きな家電などは除いたもの)は段ボール15箱分であることが分かりました。以前私の理想と書いたバックパック一つで入退居できる状態とはほど遠い荷物の多さです。この機にだいぶ売ったり捨てたりしたのですが、手放し切れませんでした。荷解きをしているときに、これもいらねえあれもいらねえなんで持ってきたんだという物がたくさん出てきました。次引っ越しをするときには10箱にまでは簡単に減らせると思います。ただそれ以上減らせるかどうかは引っ越し先の生活環境にもよるだろうし、わからない。シンプルに暮らしたいな。

 新居は安いので、旧居に比べると所々不便な作りになっています。しかしそれらは工夫や捉え方次第で不便ではなくなります。今のところ、値段の割にかなり快適な生活を送れそうだと感じています。

 ぜひ遊びに来てね。

 

 

ブログ名変更

 数日前までこのブログの名称は『山と本、ときどき映画』でしたが、映画の部分を削りました。理由は今後しばらく映画に関する記事を書くことがほとんどなくなるだろうと思われたからです。なぜ書かないかというと、その時間がないからです。映画に関する記事を書くには少なくとも2回は作品を見て多少の思惟をしたいところですが、それにはかなりの時間を要します。私の人生を考え、現在のやるべき事を並べてみると、とてもそんな時間はない。どのような進路を取るにせよ、次の段階に進むためには、私は大学での勉強を最優先しなくてはならない。

 映画鑑賞は楽しいですから、それ自体は継続するでしょう。ただ繰り返し観て記事にするほどの時間はないということです。時々観て、面白いな~程度でやめておきます。

 実は、現在下書き中の記事に『ターミネーター』や『マトリックス』それに『スターウォーズ』シリーズ、『イミテーションゲーム』、『ショーシャンクの空に』『ライフイズビューティフル』などがあります。どれも思うところの多い作品だったので記事を書き上げたいところなのですが、それにはどの作品も少なくとももう一度は観る必要があります。それは時間的に厳しいので、しばらくして余裕ができたらということになります。

 ちなみに、残りの2大カテゴリー、登山と本については継続します。それはどちらの行為も、それを記事にして記録することも、私に必要だからです。
 登山とそれのための日々のトレーニングはもはや私に無くてはならないものです。登山はもちろんのこと、普段ランニングやウォーキングをするだけでもかなり気分がスッキリします。どんなに忙しくても、これにかける時間は惜しむべきではありません。

 読書も私には必須のものです。そのメリットは計り知れません。文章を読むことはすべての学問活動の基礎となる行為であると思います。

 最近はあまり本に関する記事を書いていませんが、読書をしてはいます。記事にならないのは、本を記事にする際の方針が変わったからです。以前は読んだ本をほぼすべて記事にしていましたが、今は特に得るものが多かった本だけを記事にすることにしています。これは自分がその本を消化するための手段でもあります。逆に得るものがなかった本にはそれだけの時間をかけていられません。こうして記事にする本を絞ったところ、そもそも世の本の中に記事にしようと思えるような本はごく一部しかなくあまり出会えないうえ(それでも選別してできるだけハズレ本を避けているつもりですが)、そのような本は大抵今の私の能力では消化するのに長い時間を要するために、記事が上がらないという状況になっているわけです。まぁ、読書に関しては量よりも質ですので、気長に消化していきたいです。(このブログとは別に「読書メーター」というサービスで、読んだすべての本を記録しています。アカウント名は「山本」。このサービスは、読んだ本や読みたい本、短い感想などを簡単に登録することができるので、整理に便利です。)

 こういうわけで、このブログは「登山」と「本」という2大カテゴリーで構成されることになりました。ヘッダのメニューからも「映画」は消えました。ちょっと寂しくなったので、「日記・雑記」のメニューを付けようかとも考えているのですが、黒歴史的記事にアクセスしやすくなるのではないかと、躊躇しています。その他どこかしらを気分次第でマイナーチェンジするかもしれませんが、しばらくはこの格好で。

身長について

 こんにちは。春の健康診断で身長を測ったところ、昨年度より0.6cm伸びていました。特に最近は身体の圧倒的成長を感じていたのですが、感覚通り。ここ3年は毎年伸びています。まだ伸びるまだ伸びるぞ!

 これは持論なのですが、個人の身長は遺伝的に上限が決まっていて、その上限まで伸びるためにはある程度動かなければならないと思います。動かないでずっと座っているような生活を何年も送っていると、上限に届かない。逆に適度な運動をしていれば上限+αまで伸びる。そして、この伸びは20代半ばまでは続くし、20代のうちに動けば10代で動かなかった分もある程度は取り戻せる。ただし、普通に学校生活や社会生活を送っている人では、運動の有無による伸びの差は、おそらく数センチ多くて4cm程度。たぶん、今の日本においては、ほとんどの人が普段の生活を送っているうちにほぼ上限まで伸びている。ただ、あまり外に出ない人や極度の運動不足の人は、まだ伸びしろが残っている可能性が高い。あくまで自分の経験に基づく持論にすぎませんが。

 ところで、そもそも、身長は高い方がいいのでしょうか。進化生物学的視点で見ると、なかなか微妙なところです。身長が高い(身体が大きい)ことの長所と短所をパッと考えてみると、まず長所としては、異性の獲得競争において同性との闘いに勝てる可能性が高いということが挙げられます。この闘いというのは殴り合い(またはそれを覚悟の上での威嚇)です。他方短所としては生存にエネルギーを多く必要とすることが挙げられます。以上より、食料が豊富にある環境においては、身体が大きい方が子孫を多く残せる可能性が高く、食料が極端に不足している状況では、逆に身体が小さい方が有利ということになります。

 では、今の日本という環境で考えてみるとどうなるでしょうか。まず、異性の獲得に関して、今の日本において同性同士で殴り合って勝った方が異性を獲得できるという状況はほぼ考えられません。次に、エネルギーの確保に関して、やはり今の日本では、身体が大きいために餓死するほどの食糧不足になるという状況はなかなか考えづらいです。どのような生活スタイルになるにせよ、最低限の食糧は手に入れることができる制度が整えられているはず。となると、進化生物学的視点では、今の日本においては、身長の高低によって生存と生殖に有利不利を生じないことになります。

 となると、これはもう個人の問題になるでしょう。個人がどちらを望むか。たとえば、バレーボール選手だったら高い方を望むでしょうし、競馬の騎手であれば低い方を望むでしょう。意中の人が身長が高い人のことを好きかもしれませんし、逆もあるでしょう。ちなみに私は、冒頭でお分かりのように、もうちょっと高くなりたいと思っています。

 そもそも、上に書いたような日本の現状においては、ほとんどの人は身長になんて関心がないかもしれません。むしろ多くの人が関心があるのは身長と体重の比、BMIでしょう。恵まれた環境ですね。

・・・当初は本題で別の事を書く予定だったのですが、身長の話が思わず長くなったので、今回はこれで。

比叡山登山(2017年4月5日)

 前記事で書いた広島旅行に出発する前日に比叡山に登ってきました。今回はそれについて書きます。

 比叡山京都府滋賀県の境にある山で標高は848m、おそらく下宿先から歩いて登れる山の中で最も高い山です。登山を始めてからずっと登ってみたいと思っていました。

 下宿から歩いて登れると言っても、今回利用した「きらら坂登山口」までは家から6km以上の道のりがあります。これを歩いて行き、登山をし、また歩いて帰ってくるのはなかなかキツイので、チャリで出発し登山口に向かう途中にある我が大学の駐輪場にチャリを停めてそこから歩こうかとも思いました。それなら駐輪場から4km弱歩けば登山口にたどり着けます。しかし、どうしてか、当日出発するときになると、まぁ歩いて行けるやろ、と謎の強気になり全行程徒歩で行くことに。

f:id:ktksm:20170409155707j:plain

 出発直後、鴨川から望む比叡山。遠くに見えるなぁ・・・

 ここらへんで、やっぱりチャリで来ればよかったな、と早くも後悔し始めていましたが、とにかく歩く。こういうふうに引き返さなかったり、上に書いたように、行けるやろ!と根拠なく突っ込むことは登山では禁忌なんだよな。

 結局2時間歩いて登山口着。膝や腿の古傷の様子を見ながら慎重に歩いたから、時間がかかりました。

f:id:ktksm:20170409155744j:plain

 さっそく登り始める。京都のこの程度の標高の山というと、以前愛宕山に登ったことがあったので、そのような登山道を想定していました。

 しかし、想定が甘かった。愛宕山は登山道が広くてよく整備されていて登りやすかったのですが、比叡山のきらら坂登山口からのルートは狭く急でした。

 f:id:ktksm:20170409155749j:plain

 この写真のように岩の間を歩いたり、倒れてる木の下をくぐって行く感じ。

 汗ダラダラになりながらなにくそ~と登っていると、幸いにも途中から道が広がってきました。

f:id:ktksm:20170409155753j:plain

 一度開けてからは基本的に歩きやすい道が続いていました。よかった。

 まっすぐの木。

f:id:ktksm:20170409155805j:plain

 しばらく歩いて叡山ロープウェイ乗り場に着。

f:id:ktksm:20170409155807j:plain

 もちろんロープウェイには乗らず。

 標高が高くなるにつれ整備され歩きやすくなる道。

f:id:ktksm:20170409155814j:plain

 比叡山には比叡山ドライブウェイが通っており、琵琶湖側から車でかなりの高さまで登ることができるんですね。だから、山頂付近は車が通れるような道がたくさんあって歩きやすい。

 ロープウェイ下り場の正面にあるガーデンミュージアム比叡。

f:id:ktksm:20170409155820j:plain

 営業は4月15日かららしい。

 ドライブウェイ終点から5分ほど登って山頂。

f:id:ktksm:20170409155829j:plain

 周りは木に覆われ、展望はありませんでした。

 さて、せっかくなので延暦寺に向かうことにしました。山頂から15分ほど下りると到着。

f:id:ktksm:20170409155833j:plain

 下の写真は国宝根本中堂。改修工事中でしたが、建物の中は参拝できました。

f:id:ktksm:20170409155841j:plain

 中は撮影禁止でしたが、独特の雰囲気で歴史を感じました。

 これは滋賀側から通っている坂本ケーブルの駅舎。

f:id:ktksm:20170409155843j:plain

 延暦寺から歩いてすぐのところにあります。 

 駅舎脇からの展望が良かったので一枚。

f:id:ktksm:20170409155849j:plain

 晴れていれば琵琶湖の向こうの伊吹山まで見えるらしい。見たかったな。

 さあ、本格的に下山します。ここまで、西側(京都側)から登り、山頂を超えて東側(滋賀側)の延暦寺まで来ていました。下りは登りとは別ルートで、南側の斜面を横切って西側に戻ることにしました。

f:id:ktksm:20170409155858j:plain

 このルートは登りのルートとは違って、一部の林道を除き歩きやすい道が続いていました。たぶんこちら側が延暦寺の正面玄関だからでしょうね。私が登ってきたルートは延暦寺から見ると裏側になります。

f:id:ktksm:20170409212104j:plain

 ただ、京都までの道のりはとにかく長い。時々登ったりしながらも、ひたすらゆるやかに下る。そして登山者がほとんどいなくて心細い(下山中に会ったのは一人だけ、皆さん車かケーブルで来てたんですね)。

 コース終盤、瓜生山に寄り道。

f:id:ktksm:20170409155913j:plain

 ここまでくればもうゴール目前。

 瓜生山頂付近から比叡山を望む。

f:id:ktksm:20170409155920j:plain

 あんな遠くにいたんだなぁ。

 さて、YAMAPより、今回のルート、タイム、活動データなど。

f:id:ktksm:20170409211124p:plain

f:id:ktksm:20170409211132p:plain

f:id:ktksm:20170409211138p:plain

 

 消費カロリーが2754kcalとなっていますが、体感的にたぶんこれほどは消費していないです。YAMAPは比較的大きな数字が出る傾向にあると思います。

 活動距離15.6kmはこんなところでしょうか。登山だけでこの数字なので、登山口までの道のりも含めると、この日は25kmほど歩いたことになります。別の健康アプリではこの日の歩行距離は29.1kmとなっていました。いずれにしても自己最長。

 この翌日から、前記事に書いた広島旅行に出かけましたが、旅行中は脚がバキバキでした。安いネカフェではなく、きちんとした寝床があるところに泊まって疲労回復を優先させたのもそのため。

 今回の山行では、登山記事で毎回のように書いている膝痛に関して、非常に前向きな検証結果が得られました。それについてはそのうち別記事で書きます。

広島旅行!

 こんにちは。4月6日~8日に、私の第3の故郷広島を旅してきました。今回はそれについて書きます。

4月6日

 朝、京都発バスで広島へ。

f:id:ktksm:20170409093148j:plain

 もちろんキトラちゃんと。

 昼、広島着。

 まずホテルにチェックインし、キトラをロッカーに預ける。

 この日泊まったホテルは「カプセルホテルcube」。カプセルホテルということで寝床以外の設備が他の宿泊者と共用ですが、綺麗で清潔だったし、寮生活になれていた私には特に問題ありませんでした。観光客にとっては立地もいいですし、なにより安いのでオススメです。ちなみに、安さ最優先でネカフェに泊まることも考えましたが、今回の旅では疲労回復(睡眠)を重視することにしました。

 荷物を置いたあと向かったのは原爆ドーム

f:id:ktksm:20170409094301j:plain

 桜が咲いていて綺麗でした。

f:id:ktksm:20170409094323j:plain

 公園内を歩き平和記念資料館へ。

 うまく撮れた写真がないのですが、平和の灯の後ろの建物が資料館です。

f:id:ktksm:20170409095140j:plain

 資料館に入るのは今回で2回目だったのですが、驚いたことに、展示を見ているうちに涙が止まらなくなり。大勢の客の中で1人忍び泣き。遺族の悲しみを訴える展示が響いたのか、同様の殺戮がいまも世界で行われていることに思いを巡らせ涙となったのか。

 もうひとつ、驚いたことに、お客さんの8割くらいは外国人でした。前回来たときよりも格段に増えたと思います。ヒロシマが世界中の人たちに知られることは重要なことだと思います。

f:id:ktksm:20170409094404j:plain

 資料館内から一枚。

 さて、資料館を回っているうちにいい時間になったので、夕飯を食べに行くことに。お店は決めていました。横川にある「すし久」さん。

 このお店には以前一度訪れたことがあったのですが、その時食べたお寿司に衝撃を受けました。職人が握るとこうも違うのかと。シャリが口の中でとろけるんですね。それ以来お寿司にハマりました。

f:id:ktksm:20170409101100j:plain

 これは上握り1500円。お値段もリーズナブルでオススメ!

 夕食後はかつてよく訪れた繁華街や本屋をぶらぶらし、21時過ぎにホテルへ戻り、就寝。

4月7日

 キトラを持ってホテルをチェックアウト。この日はまず宮島へGO!

f:id:ktksm:20170409102303j:plain

 路面電車でのんびり広島市街地から宮島口まで。

 宮島口からはフェリー。

f:id:ktksm:20170409102311j:plain

宮島ちゃーく!

f:id:ktksm:20170409102321j:plain

 港から厳島神社へと向かう道、京都の清水寺周辺にも似た雰囲気。

 厳島神社ちゃーく!

f:id:ktksm:20170409102328j:plain

 干潮時でした。宮島に来たのは4,5回目ですが、干潮時が多い気がします。満潮時は1回あったかな、どうかな?

 さて、当初は宮島の弥山に登る予定だったのですが、雨とガスがひどくて断念。以前ロープウェイを使って登ったことがあったのですが、今回は自分の足で登ってみたかったんですよね。また次回のお楽しみとなりました。

f:id:ktksm:20170409164505j:plain

 仕方なく鳥居周辺をぶらぶら。雨脚がけっこう強くて、観光客の皆さんはけっこう大変そうに見えたのですが、私は登山用の雨具とシューズだったので、超快適でした。あまりの快適さにテンションが上がって、ワイ史上初の自撮り。

f:id:ktksm:20170409102337j:plain

 テンションって怖い。

 写真といえば、今回の旅中に3、4回外国人から写真を撮るように頼まれたのですが、撮るときってなんて言えばいいんですかね。「スリー、ツー、ワン!(パシャッ)」?

 さて、フェリーで宮島口へ戻り、遅めの昼食を食べようと、これまたあらかじめ行くと決めていた「うえの」へ向かいました。しかし、なんとちょうど休憩時間に入ったばっかりという泣。有名店で混んでいるから、空いているであろう時間を狙っていったのですが・・・「うえの」はアナゴ飯のお店で、以前訪れたときに感動したんですよね。アナゴそんなに好きじゃないけど、こんなにおいしいなんて!と。また次回となりました。

 気を取り直して、広島市街に戻りお好み焼きを食べることにしました。その前に今夜の宿にチェックインし、キトラちゃんを預けました。

 この日泊まったのは「Guesthouse HARU」。ゲストハウスということで、前日に続き寝床以外は共用ですが、こちらもとても良かったです!一軒家をリフォームしたような作りだったのですが、綺麗清潔!オーナーさんが優しい!パンとか無料で食べられる!そして激安!次広島に行った時も利用します。

 荷物を預け、オーナーさんにおいしいお好み焼きのお店を聞いて、遅めの昼食GO!

f:id:ktksm:20170409113033j:plain

 「電光石火」というお店に行きました。シソが利いていて美味しかったです。

 昼食後は今回の旅の目玉、プロ野球観戦!いま広島で最もホットなことと言えばカープですね。

 プロ野球に関して、私は長らくアンチ巨人で、それ以外の球団は特に興味なかったのですが、広島在住時などにカープの試合を2回見に行ってちょっと好きになりました。

f:id:ktksm:20170409133920j:plain

 緑が美しい。

 今回2年半ぶりに球場で観戦して驚いたのは、盛り上がりが以前と全く違うこと。前回観戦したのは2014年夏でそのシーズンはAクラス入りしたものの観に行った試合は負け試合でしんみりモード、その前、初めて観に行ったのはたしか2012年夏で、そのころのカープは万年Bクラスという状況で試合も負け、観客はかなりイライラしていました。

 それが今回は、昨シーズン念願のリーグ優勝を果たし、今シーズンは日本一奪還に向けて開幕ダッシュ成功という状況で、とにかく大盛り上がり。

f:id:ktksm:20170409133929j:plain

 まず観客数が違うし、点が入ればみんな立ち上がってお客さん同士で喜びを分かち合う。応援歌も本当にたくさんの人が歌っていました。カープは地方の球団ということでもともと広島人のカープ愛は深いようですが、今は結果がついてきているから、その愛情をまっすぐ表現しているようでしたね。初めて観に行った2012年は、愛が憎しみに変わってファンと選手の間がギクシャクしている感じがしました。

 今試合では広島のドラ1加藤投手が初登板初先発ながら9回1アウトまでノーヒットノーランで投げ、さらに大盛り上がり。そこでバレンティンにヒットを打たれて惜しくもノーヒットノーラン達成はなりませんでしたが、マウンドを降りるときもファンは拍手で迎えていました(私の後ろの席のおじさんは対戦チームのヤクルトファンだったようで、途中から急激に機嫌が悪くなりヤジを飛ばしまくってて怖かった。しかも大体のヤジは結果論で「だから~しておけばよかったんだ」みたいなもので完全に思考が凝り固まってたし、周りの広島ファンの家族連れなども委縮してたし、ああいうおじさんにはなりたくない。)。

 試合が終わってもほとんどのファンは帰らずに、加藤投手のヒーローインタビューに温かい声援を送っていました。

f:id:ktksm:20170409133948j:plain

 今のカープは、選手とファンの関係が本当にうまくいっているカップルのようで、これが長く続いてほしいなと思いました。

 私のプロ野球観戦で初めてホームチームが勝ち、ほっくりしながらゲストハウスに戻りました。そういえば夕飯食べなかったな、就寝。

4月8日

 この日は、昼前のバスで帰ることになっていたので、それまで懐かしい市街地をブラブラ。景色は変わってないところが多かったですが、駅周辺は再開発されていました。都市は田舎に比べると容赦なく変えていかれますね。

 昼前に予定通りバスに乗ってさらば広島!また来るぞ!

 

 今回の広島旅では、カプセルホテルやゲストハウスという、プライバシーが半分無い施設に泊まりましたが、いいですね。ハマりました。安いのは言うまでもなく、寝床にいてもしょうがないからダラダラせずにすぐに旅に出かけられる。普通のホテルとかだとうっかりテレビをつけて・・・みたいなことがあるかもしれませんが、そういうことがないです。さらに、ゲストハウスだと外国人と交流できるチャンスもあります。私は今回はほとんどしゃべれませんでしたが、英語の勉強欲が上昇しました。

 注意点を挙げるとすれば、やはりセキュリティ面が甘いこと。寝床に鍵などを掛けることができないので、不安があると言えばあります。あとは、水回りの清潔さをあらかじめ調べておいた方が良さそうです。幸いにも私が今回泊まったところはとても清潔で、カメムシ部屋 に住んでいた身としては天国のようでした。 

 旅っていいですね。また旅しようなキトラちゃん。