ポレポレ英文読解プロセス50~おすすめ英語参考書~

 以前、オススメの英語参考書を紹介しました。 


 今回はそれに続く第2弾です。

『ポレポレ英文読解プロセス50』 西きょうじ

 また西氏の本です。この人の語学書は素晴らしいものが多いです。 

 本書の位置づけは、前回紹介した『英文読解入門基本はここだ!』で学んだルールを応用するための練習本といったところでしょうか。やはり本の見た目は薄いですが、内容は濃いです。50の短文を用いて、一文一文の構造をつかみ読解すると同時に、文と文のつながりや論理構造をつかむプロセスが解説されています。『基本はここだ!』と合わせて使うことで、最高に効率よく英文読解の力をつけることができます。

 ただし、多くの人が様々なところで指摘しているように、本書に載っている英文は『基本はここだ!』に比べるとかなりレベルが高いと思います。元々ある程度の英文を読んだ経験のある人なら『基本はここだ!』に書いてあるルールを応用すれば本書を読み進めていくことはできますが、あまり英文に触れてこなかった人が『基本はここだ!』を読んだ後すぐに本書で応用練習をするのは難しいと思います。そのような人は、本書に入る前に、中間的なレベルの英文をいくつか読んで練習をしたほうがいいでしょう。具体的な参考書を挙げると、同じく西氏の本では『西きょうじ図解英文読解講義の実況中継』や『西きょうじの英文読解+英単語―リーディング&ボキャブラリー センター・中堅私大レベル』、他の著者では、『やっておきたい英語長文300 』などがちょうどいいと思います。

 『基本はここだ!』を紹介した記事 で、「これ(基本はここだ!)を読めばほとんどの英文が読めるようになる」と書きましたが、本書にはその「ほとんど」以外の部分を補うルールも書いてあります。よってこの2冊を読むことで、全国のどこの大学入試でも通用する英文読解の下地を身に着けることができます。本書を読み終えた後に、適当なレベルの英文をいくつか読んで本書の読解プロセスを練習すれば、長文問題は合格点に達すると思います。あとは単語とか文法とかも並行して勉強して、志望の大学の過去問を演習して、傾向に合わせて練習するだけです。

 わたしは『基本はここだ!』と本書『ポレポレ』に出会って、英語が得意科目になり、入試で点数を稼ぐことができました。やはり得意科目があるのは有利です。いま英語の勉強に苦しんでいる人がいたら、是非とも本書を手に取ってみてほしいと思います。

【この記事で紹介した参考書】

【この記事も参考に】