読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TOP GUN(トップガン)

映画

『TOP GUN』1986年公開

 ”アメリカ海軍の戦闘機パイロットの青春群像を描いた航空アクション映画。

 本作の大ヒットにより、主演のトム・クルーズは一躍トップスターの仲間入りを果たした。助演のヴァル・キルマーメグ・ライアンティム・ロビンスら、若手俳優の出世作としても知られる。

 「トップガン (Top Gun)」とは、アメリカ海軍戦闘機兵器学校のことで、エリート戦闘機パイロットの上位1パーセントパイロット達の空中戦技を指導するために造られた養成機関である。本作の製作当時は劇中の通り、カリフォルニア州サンディエゴ近郊のミラマー海軍航空基地 にあったが、1996年にネバダのファロン海軍航空基地へ移転している。

 製作にはアメリカ海軍が全面協力し、ミラマー海軍基地や原子力空母「エンタープライズ内で撮影が行われた。映画の「もう一つの主役」F-14トムキャットは複座機で、俳優達も実機のコクピットに座乗して戦闘機による体験訓練飛行をした。ただし、俳優の飛行シーンはスタジオに作られた、実物のF-14コクピットを再利用したジンバル(リング状のレールに固定された、好きな角度に回転できるセット)により撮影されている。実機の航空アクションシーンは冒頭の背面飛行シーンのワンカットを除き、アメリカ海軍の協力の元で現用戦闘機を飛ばして撮影されている。”(wikipediaより)

・主な登場人物

マーベリック:天才的な直観と技量を持つが、無鉄砲な操縦を行うパイロット。

チャーリー:トップガンの民間人専門技術教官。マーベリックが一目惚れ。

グース:マーベリックとペアを組むレーダー要員。優しく陽気。

アイスマン:マーベリックのライバルとなる。冷静な男。

バイパー:厳しくも優しい教官

ジェスター:〃

 

以下、あらすじ、所感など、ネタバレあり

 

・あらすじ

 思わぬ形でトップガンに送られることとなったマーベリックとグース。

 成績最優秀者を目指して競い合う。

 マーベリック、バーでトップガン教官のチャーリーに、教官とは知らずアプローチ。撃墜。

 チャーリー、マーベリックの魅力に徐々に魅かれ、親密に。

 マーベリック、相変わらず命令無視や無茶を繰り返す。

 トップガンプログラム終盤、グースの事故死。

 マーベリック、自責の念、自信喪失。

 周囲の人の励まし。

 アイスマン、成績最優秀者に

 マーベリック、卒業直後の実戦で復活、英雄扱い。

 チャーリーと復縁。

 

・マーベリックというコールサイン

 「maverick」には、母牛から離れた牛、一匹狼などの意味があり、さらにアメリカ製空対地ミサイルAGM-65の愛称でもあるらしい。ぴったりのコールサインであると思う。

・ジェット後流

 グースを失う事故のきっかけとなったエンジン停止は、ジェット後流が原因とされている。ジェット後流とは先行機の高温高圧で酸素濃度が低い排気ガスのことで、これをエンジンが吸入することで燃焼が停止するらしい。このジェット後流は予測不可能らしく、それゆえにマーベリックは事故の責任を問われなかった。

 ところで、マーベリックは劇中最後の実戦でもジェット後流に巻き込まれている。航空工学の知識がまったくないわたしは、この映画を見てジェット後流に巻き込まれることはわりと頻繁に起こる現象であるという印象を持った。となると、頻繁に起こりうる現象なら予測や対策を取ってしかるべきであり、ジェット後流が予測不可能であることや、マーベリックが事故の責任を問われなかったことは、やや腑に落ちない。ジェット後流によるエンジン停止がどの程度の頻度で起き、それが予測可能か否か、実際のところについては知らないが、この映画だけから受け取った印象をもとに判断すると、少しだけしっくりこない点である。

・マーベリックの落ち込み

 本作を初めて見たとき、グース死後のマーベリックの落ち込みの深さを、感じ取ることができなかった。マーベリックの事故後初の訓練で、彼がミサイルを撃てなかったときに初めてその深刻さを認識した。それまでもずっと落ち込んでいる描写がなされていたので、そのこと自体は当然感じていたが、すぐ立ち直る程度のものだと思っていた。

 これはわたしが、死に対する認識が軽いからか、人の言動から気持ちを読み取ることが苦手だからか、冷めた目で見ているからか、あるいは・・・?人の気持ちを読み取るのが苦手かもしれないことに関しては思い当たる節がある。『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち 』を初めて見たときもショーンの気持ちの変化を読み取れなかったし、実生活でも・・・

・チャーリーの言動

 落ち込んでいるマーベリックを立ち直らせようと、チャーリーは様々な言葉を掛けるが、効果なく。結局ワシントンへの栄転のため基地を離れることになったチャーリーは、別れ際に「諦めることしか学ばなかったのね」と冷たい言葉を放つ。

 これは落ち込んでる男に対してやってはいけない行為だよ、と僕は思った。落ち込んでるときに女に突き放されたら男はさらに落ち込むものである、たとえそういうタイプには見えなくても。

 いや、わかっている、マーベリックは俺とは違う。チャーリーにああ言われてもマーベリックはきっとそれほど落ち込まない。そもそもチャーリーも、直前にマーベリックから「助けが必要なら頼んでるよ」と言われたから、そう言ったのだ。

 でも俺は、落ち込んでいるときには、何も言わずにじっとそばにいてほしいなぁ。

・卒業式への出席

 トップガンのプログラムの最後まで回復しなかったマーベリックは、トップガンを辞めるか卒業式に出るだけ出るか迷う。結局、卒業式に出席し、それが新たな道へとつながっていく。

 自信も意欲もプライドも失ったのに、卒業式に出席したマーベリックを見習いたい。

トップガンの教官という職

 卒業式直後、教官の計らいで実戦に投入されたマーベリックは、戦闘中になんとか復活を遂げ英雄となる。そして好きな職を選べる権利を与えられる。マーベリックはトップガンの教官という職を選ぶ。トップガンの教官という職は、劇中冒頭のトップガンの入学説明会のような場での教官の説明によると、成績最優秀者にのみ与えられる資格である。

・マーベリックの復活

 実戦中、一度戦場から逃げかけたマーベリックは、グースのドッグタグを握りしめて、「守ってくれ…」と祈るようにつぶやき、復活する。このときのマーベリックの心理メカニズムは。

・歌

 マーベリックがチャーリーにアプローチするときに歌った歌を、劇中最後にマーベリックと再会するときにチャーリーがかける。素敵だね。

・この映画の影響で、戦闘機のパイロットを志望する若者が増えたり、マーベリックのバイクやジャケットが流行ったりしたらしい。たしかにすべてがカッコいいし、わかる。