読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電子書籍と紙書籍【kindleを買うべきか否か】

 電子書籍リーダーのkindleが発売されて久しいですが、最近はますます電子書籍が普及していってますね。これだけ普及するのには当然電子書籍の長所があるわけですが、他方で読書は紙媒体でないとイヤという人も多いと思います。私もどちらかというと紙で読む方が好きです。

 しかし、紙の本の方が好きな人でも、電子書籍の魅力はもはや無視できるものではないと思います。紙派だけどkindleも試してみたい、でもkindleを買ったもののやっぱり紙がよくて使わなくなったらどうしよう、と思っている人は多いと思います。そこでこの記事では、電子媒体と紙媒体の特徴を比較し、電子媒体に移行していくべきか否か、移行するとしたらどのうようにして移行していけばよいのかを考えます。なお、ここでは電子媒体はkindleに限ります。


Kindle Paperwhite 


Kindle 

 まず、私が考えるそれぞれの長所から。

kindleのメリット

・大量の本をデバイス一つに入れて持ち運びできる

・暗闇でも読むことができる(kindle無印以外)

・語の意味を簡単に調べることができる

kindle本が紙の本より安い

・本文内の語の意味を簡単に検索できる

・他の人とハイライトを共有することができる。

・読み上げ機能がある

紙で読むメリット

・ページをパラパラめくることができる

・複数の本を同時に開いて読むことができる

 

 御覧のように、電子書籍の方が長所が圧倒的に多く、しかも今後ますます機能が充実していくと思われます。それでも私が紙媒体の方が好きなのは、本をパラパラめくることができるからです。この長所が大きすぎて、私は電子書籍に完全に移行できずにいます。

 本をパラパラめくれるか否かは、読んでいる途中にちょっと前のページを読み返したいときに大きな差となると思います。紙媒体の方が早く探しているページにたどり着けるでしょう。これには紙媒体では本の厚みを感ることができるというのもかかわっていると思います。厚みがあればどのページになにが書いてあったか記憶に残りやすいからです。

 ただ、最近洋書のkindle本では、このページをパラパラめくるのに似た操作を行うことができるようになっています。「page flip」という機能で、ページ上をまさにパラパラと移動することができます。それでもやはり紙媒体のパラパラ感には及びませんが、もう少し機能が洗練されてくるともはや紙媒体だけの長所ではなくなるでしょう。

 そう考えると、電子書籍への移行はもはや止められない流れだと思います。問題はいつ移行するかだと思います。

 もちろん、上に挙げたようにたくさんの長所を持っている電子書籍ですから、今すぐ買っても満足することができるでしょう。しかし、現状では紙媒体の方が好きという人や、価格的に簡単には手を出せない学生などには、なにも今すぐに電子書籍リーダーを購入するのではなく、もう数年待って機能がより充実してから買うという選択肢もあると思います。

  そもそも、長い目で見ると現在はまだまだ電子書籍の草創期に過ぎず、今後さらに様々な機能が充実していくと思います。たとえば、本文内に関連書籍の関連個所のリンクが貼られたり、他の人とメモや所感を共有できたり、本を1ページから購入できたりといったことが考えられます。このあたりの予想は『〈インターネット〉の次に来るもの』に詳しいです。


〈インターネット〉の次に来るもの
未来を決める12の法則

 このようにして、電子書籍の機能がさらに拡充し、上に挙げた紙で読むメリットが電子書籍に完全に取り込まれるのも、そう遠くない未来でしょう。それまで待つという選択肢もあると思います。

 ところで私は現在どのように読書をしているかというと、基本的には紙で読み、ある種の本はスマホkindleアプリで読むという方法をとっています。ある種の本というのは、kindleで読む長所が最大限に発揮される本や、紙で読む長所があまり発揮されない本です。具体的には、語の意味を頻繁に調べる必要がある洋書や、読書中に前のページを読み返す必要があまりない易しい書(新書など)や小説です。このように、無料アプリや特定の書籍から徐々に電子書籍へと移行していくのも一つの手でしょう。

 そもそも、わざわざkindle端末を買わなくても、スマホkindleアプリでも十分ではないかという意見もあると思います。実際私も現在はそれで間に合っています。しかし、やはりkindle端末で読むメリットはあると思います。

スマホタブレットkindleアプリで読むのではなく、kindle端末を買うメリット

・目にやさしい

・通知が届かないので読書に集中できる

スマホタブレット)の電池を消費しない

  これらは、読書をたくさんする人ほど重要なポイントだと思います。

 さて、遅かれ早かれ電子書籍への移行は避けられないという昨今、できれば安くkindle端末を買いたいものです。幸いなことにamazonでは頻繁にkindle端末の割引セールを行っています。そして今まさに1000~2800円オフ(機種によって異なる)のセールが行われています。期間は4月2日まで。

 そもそも、プライム会員ならkindle端末をセール時以外でも4000円オフで買うことができます。ですので、プライム会員の方は今回のセールで買うと、kindle無印なら3980円(55%オフ)で買うことができます。これはおおよそ飲み会1回分!この値段は魅力的!

 また、今回のセール以外にも、プライム会員以外の人を対象とした4000円引セールもしばし行われます。プライム会員じゃない人はこのタイミングで買うのが有力です。

まとめ

 以上をまとめます。

電子書籍への移行の流れは止められない

・今すぐkindleを買っても満足感が得られるが、特別に必要でないなら機能のさらなる充実を待つのも選択肢の一つ

・無料アプリや特定の種類の本から徐々に電子書籍へ移行していくのもあり

・どうせ買うならセール時に

 自分の読書様式を最適化し、楽しく快適な読書ライフを送りたいですね。


Kindle (Newモデル) Wi-Fi、ブラック


Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック


Kindle Paperwhite 32GB、マンガモデル、Wi-Fi 、ブラック