読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ名変更

 数日前までこのブログの名称は『山と本、ときどき映画』でしたが、映画の部分を削りました。理由は今後しばらく映画に関する記事を書くことがほとんどなくなるだろうと思われたからです。なぜ書かないかというと、その時間がないからです。映画に関する記事を書くには少なくとも2回は作品を見て多少の思惟をしたいところですが、それにはかなりの時間を要します。私の人生を考え、現在のやるべき事を並べてみると、とてもそんな時間はない。どのような進路を取るにせよ、次の段階に進むためには、私は大学での勉強を最優先しなくてはならない。

 映画鑑賞は楽しいですから、それ自体は継続するでしょう。ただ繰り返し観て記事にするほどの時間はないということです。時々観て、面白いな~程度でやめておきます。

 実は、現在下書き中の記事に『ターミネーター』や『マトリックス』それに『スターウォーズ』シリーズ、『イミテーションゲーム』、『ショーシャンクの空に』『ライフイズビューティフル』などがあります。どれも思うところの多い作品だったので記事を書き上げたいところなのですが、それにはどの作品も少なくとももう一度は観る必要があります。それは時間的に厳しいので、しばらくして余裕ができたらということになります。

 ちなみに、残りの2大カテゴリー、登山と本については継続します。それはどちらの行為も、それを記事にして記録することも、私に必要だからです。
 登山とそれのための日々のトレーニングはもはや私に無くてはならないものです。登山はもちろんのこと、普段ランニングやウォーキングをするだけでもかなり気分がスッキリします。どんなに忙しくても、これにかける時間は惜しむべきではありません。

 読書も私には必須のものです。そのメリットは計り知れません。文章を読むことはすべての学問活動の基礎となる行為であると思います。

 最近はあまり本に関する記事を書いていませんが、読書をしてはいます。記事にならないのは、本を記事にする際の方針が変わったからです。以前は読んだ本をほぼすべて記事にしていましたが、今は特に得るものが多かった本だけを記事にすることにしています。これは自分がその本を消化するための手段でもあります。逆に得るものがなかった本にはそれだけの時間をかけていられません。こうして記事にする本を絞ったところ、そもそも世の本の中に記事にしようと思えるような本はごく一部しかなくあまり出会えないうえ(それでも選別してできるだけハズレ本を避けているつもりですが)、そのような本は大抵今の私の能力では消化するのに長い時間を要するために、記事が上がらないという状況になっているわけです。まぁ、読書に関しては量よりも質ですので、気長に消化していきたいです。(このブログとは別に「読書メーター」というサービスで、読んだすべての本を記録しています。アカウント名は「山本」。このサービスは、読んだ本や読みたい本、短い感想などを簡単に登録することができるので、整理に便利です。)

 こういうわけで、このブログは「登山」と「本」という2大カテゴリーで構成されることになりました。ヘッダのメニューからも「映画」は消えました。ちょっと寂しくなったので、「日記・雑記」のメニューを付けようかとも考えているのですが、黒歴史的記事にアクセスしやすくなるのではないかと、躊躇しています。その他どこかしらを気分次第でマイナーチェンジするかもしれませんが、しばらくはこの格好で。