藤井フィーバーの裏で、ワイ氏骨折

 最近藤井四段の記事を連発しています。藤井四段の活躍を目の当たりにして個人的にかなり盛り上がっているのですが、世間はそんなに盛り上がっていないのではないかという疑念は当然持っていました。私の周りの将棋クラスタの方々は盛り上がっている、テレビでも連日特集されている、でも将棋関係者以外の方々は興味がないのではないかという不安がありました。しかし、今日整形外科病院の待合室でテレビを見ていたら、ちょうど藤井四段の28連勝の報道がされていたのですが、周りの患者たちが食い入るように画面を見て「すごいわね」などと言っていて、安心しました。このフィーバーは本物だ!

 とまぁこのように、ワイ氏左肘関節痛で整形外科に行ってきました。結果、左橈骨頭骨折と診断されました。

 ことの発端は昨夜、ランニング中に歩道と車道を仕切る鎖に気がつかず、つっかえて転倒。とっさに両腕を出したが、起き上がると左肘にすごい違和感。しかしある程度は動くので様子見で帰宅。もう病院もやってないし、とりあえず翌朝起きたときの状態で病院に行くか決めることにする。寝る支度をしているとだんだん肘が動かなくなる。焦ってネットで同様のケガを調べる。亜脱臼の可能性が高いと感じる。脱臼ってズレた骨を修整するときにめっちゃ痛いやつじゃないか。病院に行くのがとても怖くなる。しかしもう肘関節がほとんど動かせない。病院行きは不可避。眠れない夜、痛みに耐える覚悟をして朝を待つ。朝、病院に行き、まず問診。軽度の骨折っぽいと言われる。脱臼じゃなくて一安心、いや、骨折もやばいぞ。小学生の時足の指を骨折して整形外科に行ったら、不意打ちで曲がった骨を修整された。あの時の痛みは死ぬまで忘れないだろう。レントゲンを撮る。軽度の骨折だからか、損傷部が写らない。超音波検査をする。血腫発見。やはり骨が傷つきそこから出血しているようだ。はっきりさせるために、MRI検査をすることに。しかし、その病院には機械がないため、別の病院へ紹介状を持って。MRI検査では折れた肘を万歳の格好で固定。ちょっと変に動かすと痛むのでキツイ。痛みと痺れを紛らわすために眠ることにする。医療機関で横になると眠くなるのは私だけ?歯医者さんとか超眠くなる。検査には想像以上の時間を要した。40分くらい?キツカッタ。データをもらって前の病院に戻る。やはり軽度の骨折。先生に言われて見ると、橈骨頭が傷ついていた。3,4週間局所安静でいいらしい。肘の骨折はすぐ手術になりやすいけど軽度で良かったね、と言われた。ズレてもいないから修整をする必要もない。これが何より嬉しかった。激痛を味わなくて済む。ギブスで固定し帰宅。また明日状態確認に行く。

 ダーッと書きましたが、とにかく様々な意味でショックです。小学生以来の骨折、これからしばらくの不自由な生活、リハビリ・・・なにより、いい感じでトレーニングができていたのに、また振り出しに戻ること。

 トレーニングに関して、昨夏に登山をはじめて、トレーニングの必要性に気がつく。しかし、がむしゃらに飛ばしすぎて膝を痛める。晩秋から春まで安静にじっと耐える。春、軽いトレーニングと登山再開。歩き方の改善もあってかなりいい状態。ランニングでは1kmのタイムが1分くらい落ちていたけど、走れること自体がうれしかった。今度は無理をせず鍛えようと思う。コツコツ続けて徐々に身体状態の向上を実感していたところで、今回の骨折。また耐えないといけないのか。

 しかし、今回は長くて1か月。スクワットとかはできる。決して振り出しに戻るのではない。登山三昧の夏休みを万全の状態で迎えられるように、いまはじっと我慢しよう。

 数週間安静にしていれば治るとも限らず、血腫が靭帯や腱と癒着していたらそれを取り除く手術が必要になるかもしれないらしい。それだけは避けたい。祈ります。

 

 前の藤井四段の記事とこの記事、右腕一本で打ったから大変だった笑