本の購入いろいろ

 私は、本は基本的に大学の図書館で借りて読んでいます。まず図書館で借りて読んでみて、繰り返し読むことになると思ったもの(特に面白いものや思考力を養えるものなど)は購入します。

 先日、どうしても購入したい本があったのですが、その本は絶版になっていました。割引が利くため購入先の第一選択肢である大学生協に問い合わせてみても入荷できるかわからないとのこと。また、Amazonで検索してみても割高の中古しかない。こうなったら仕方ないので、京都中の本屋を歩いて回り、探してみることにしました。

 まず、京都最大の品数を誇ると思われるJ堂に行ってみる。しかし、無い。比較的近くにある別のJ堂にも行ってみるもこちらも無し。大きい本屋はそれだけ客と売り上げも多いから、絶版本などはすぐになくなってしまうのかな。客足が少ない小さな本屋の方が売れ残っている可能性が高いかもしれない。などと思いましたが、特に策は取らずに近くの本屋をしらみつぶしに探してみる。

 次はO書店に行くも無し。さらに別のO書店に行くも無し。

 京都中心部を歩き回って疲れ、とりあえず今日はこれで最後と、ブックファーストに寄ってみる。すると、あった!埃をかぶっていましたが、それを掃えばとてもいい状態。歩き回った甲斐があった、喜んで購入しました。

 ブックファーストはいろんなところでチェーン店を見かけるし、小さな本屋とは言えないかもしれませんが、京都繁華街においては、巨大なJ堂に比べると小さくて客も少ない印象。そのおかげで埃をかぶりながら売れ残っていたのかもしれません。「絶版本探すなら小さな本屋」は使える格言かも。

 ちなみに今回私が買った本はこれ。

 面白いですよ。

 

 話は変わり、以前も書きましたがAmazonプライムデーにkindleを購入しました。本は紙派の私としては、電子書籍リーダーであるkindleは簡単に読める本(情報収集のための本など)のためのお試し機的な位置づけで購入しました。そして2週間ほど使ってみましたが、なかなかイイですね。

 個人的に一番気に入った点は、軽いこと。長時間座って本を読んでいると首や背中が痛くなるので、私は仰向けに寝転がって本を読むのが好きです。しかし先月に左腕を骨折してしまい、仰向けに寝転がり両手で本を持って読むのが困難になりました。しかしkindleなら仰向けになって片手で持ちページをめくることができます。これには、ページをめくるのが簡単という長所も関わっています。大変助かりました。

 もうひとつの良い点として、目にやさしい画面が挙げられます。そもそも、スマホkindleアプリもあるのに敢えてkindle端末を買った最大の理由はこれでした。軽さや小ささはスマホも持ち合わせていますが、目への優しさはkindle端末の方が勝ると思います。私は夜寝る前にベッドライトのもとでよく読書をするのですが、スマホ画面は眩しすぎて(いわゆるブルーライトの影響で)目や神経系に悪そう。それに対してkindleブルーライトを放出しません。寝る前でも安心して読書ができます。

 このように、予想以上にkindleを重宝していますが、ハマりすぎには注意が必要です(私の場合)。というのも、kindleは本を購入するのがあまりに簡単なので、とても読み切れない量の本を注文しかねないからです。

 たとえば、眠れない夜、なんとなくAmazonに行って本を眺めていたら面白そうな本がある、そんなときたった1クリックするだけで1分後にはその本を読むことができます。これは信じられない便利さ。場所も時間も関係なく今すぐどんな本でも読めるんです。そうしてバカスカ購入していると、気がついたら恐ろしい積読本の数に、となりかねません。

 そのような事態を避けるための金言として、『〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則』の著者ケヴィン・ケリーの「購入して30秒以内に読みはじめるつもりの本以外は購入しない」というものがあります。「後で読もうと思って本を買ったとしても、その本が置かれているのは買っていない他の本と同じ場所(つまりクラウド中)であって、その違いはお金を払った棚か、払っていない棚かというだけなのだ。」と。

 これは、1クリックで今すぐどんな本でも読めることを逆手に取った良い戦略だと思います。しかしAmazonもこれに対抗して?、購買意欲をそそる戦略を繰り出してきます。それはタイムセール。Amazonではkindle本を対象にした様々な期間のタイムセールが常に行われています。これは「この本面白そうだけど、本当にすぐ読み始める寸前に買えばいいや」と購入を先送りにしていた消費者を焦らせます。「読みたかった本がセールの対象になっている。これを逃したら、将来読む直前に買ったときには定価で買わなくてはならないかもしれない。」と。

 そうして、私はkindle購入後にかなりの積読本を生みだしてしまいました。してやられた。まぁちょうどいいタイミングで夏休みがあるので、消化したいと思います。